忍者ブログ
健康関連情報を紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界的な景気低迷と、円高ドル安の影響からなのか、FXで大儲けした人や反対に大損をした人が増えているようです。
しかし大損の大半は、リーマンブラザーズが弾けたあたりでの取引に多いようで、以降は結構儲けた人も多く出たようです。
FXは為替レートの変動が大きければ大きいほど、リスクも高くなる反面、お起きも儲ける絶好のチャンスです。
そのため、今回の為替相場の激変を機会に、FX取引を始めるFX初心者の方も少なくないようです。
そこで今からFXをはじめたいとお考えのFX初心者の方のために、簡単にFXでの取引について紹介します。

FXで儲けるためには円と外貨の売買を行い、その差額をを得ることで儲けることになります。
基本的なFX取引は、「買い」「売り」のどちらからでも入れますので、レート変動の流れに乗ってどちらかの取引を行い、適当な金額で反対取引で決済すれば、その差額が自分の儲けとなります。
しかし、為替相場の変動は大変掴みにくく、世界的な経済の変動や各国の政情により、レートは一気に変動することもありますので、国内だけに限らず世界の情報にアンテナを張り巡らす必要があります。
最近ではFX取引業者によっては、これらの情報をタイムリーに顧客に流し、売買の流れや方向性を示してくれるものもあり、FX初心者でも比較的スムースに取引を行うことが出来るようです。

具体的な取引としては、例えば1ドル=90円として1万ドル購入したとします。
その後1ドル=95円に円安なれば、その時点での儲けはは+5円となりますので、1万ドルでは円に換算すれば儲けは5万円という事になります。(実際には手数料等などの諸費用がここから引かれます)
為替レートの変動を掴み、1日で数回取引を行えばこれだけでも相当な利益となります。
初心者の場合は最初から大きな取引は危険ですので、使用額取引からはじめて少しずつ慣れていくようにするとよいでしょう。
このようにFX取引でも儲けは、外貨の売買を行うことにより、差額がジブクの利益となって手元に残る仕組みです。

FX取引をこれから始めるFX初心者の方は、最初にFX取引事業者にFX口座開設を行い、そこに保証金を預け入れる事により、その事業者を通じた取引を行うことになります。
そのため最初は大手事業者を選ぶなど、FX事業者が破綻した場合の保証金保障や、サービス性に着目した事業者選定を行うとよいでしょう。
具体的には、大手各事業者を比較して、最も自分にあったものを選ぶようにします。
FX口座開設は無料で行えますので、事業者を最初から1つに絞る必要はなく、むしろ複数の口座開設が今後の取引でも有利に働くと思えます。
FX口座を開設して保証金を預け入れれば、いよいよFX取引を開始する事になりますが、事業者によってはシュミレーション取引を提供しているものもあるようですので、最初はシュミレーションで取引の流れを掴み変動の勘を養い、慣れてきたところで実際の取引を始めるのがよいでしょう。
あまり最初から意気込んで、儲けることばかりを頭に描かないで、リスクがあることも忘れない事が大切です。
FX取引で儲けるためには、石橋を叩いても渡らず、少しでも不安があれば補強してわたることを心がけましょう。
株取引同様に、利益は最大を狙うのではなく、そこそこの利益で妥協する事が儲ける秘訣です。
欲が過ぎれば損が大きくなりますよ。
参考サイト:FX初心者の所得倍増計画
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
痛風や高尿酸血症の人の尿路結石を予防する、アルカリ性食品
  痛風には、尿路結石が多いので、アルカリ性食品を多くとって、尿をアルカリ性に近づける必要があります。 痛風や高尿酸血症の人の尿には、尿酸が多すぎるので、もし尿が酸性に傾くと、尿酸が固まって(結晶化)してしまうためです。 特に、高尿酸血症改善のために尿酸排泄薬(ベンズブロマノン(商品名:ユリノーム)など)を飲んでいる人は、尿中に多量の尿酸が出ているので、注意が必要です。 そこで、尿路結石を防ぐために、水分をたくさんとって尿をどんどん出すとともに、尿の性質を酸性からアルカリ性に傾けるために...
URL 2009/01/06(Tue)22:53:56
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]